ディープインパクト

凱旋門に衝撃が走る
歴史的勝利の瞬間がやってくるかもしれません。最高峰のレース凱旋門賞、ディープインパクトが最後の直線、異次元の走りで一馬身、二馬身、三馬身と差を拡げながらゴールする姿が目に浮かびます。(これは願望で、実際は僅差での勝ち負けになるでしょうか)
勿論、勝負事ですから不安材料はあります。不安材料その①凱旋門賞において前走から3ヶ月以上間隔を空けて勝った馬はいない 不安材料その②過去の優勝馬はすべて欧州の馬 不安材料その③ロンシャン競馬場をディープンパクトは未経験、芝も日本とは全然違う
不安材料を挙げれば切がありませんが、それでも私は勝利を信じます。ディープインパクトは日本の競馬史上最強の馬で、今後、ディープインパクトを超える馬は出てこないと思います。
ディープインパクトのレース(05.1.22 京都10R若駒ステークス)を初めて観た時、これは三冠馬になるかもしれないと思いましたが、ついに最高峰に登りつめるとは・・・・
ディープインパクトの過去のレースの動画(若駒ステークスの動画を見てください)


今日のディープインパクト

競馬をあまりご存知でない方には、よく分からない話ですみません。NHKが総合、衛星第一で真夜中に生中継します。すごいことなのです。
e0087828_7583852.jpg

南小国(もしかすると大分県に入っているかも知れません)
[PR]
by tt1960 | 2006-10-01 08:02 | ・その他
<< ディープインパクトその2 秋分 >>