ラムネ温泉

先日、あるテレビ番組で炭酸泉の長湯温泉が紹介されました。炭酸成分が皮膚から吸収され血管が拡張し血流が良くなるそうです。
早速、大分の旧直入町(現竹田市)にあるラムネ温泉に浸かってきましたが、炭酸の濃度にはびっくりしました。湯船に浸かるや、全身に炭酸の気泡がびっしりとつきます。泉温は32℃と体温より低いのですが、血行が良くなるせいか寒くはありません。

写真は阿蘇の杵島岳です。寒いので撮影の回数が減っておりますが。
e0087828_1121750.jpg
e0087828_11211881.jpg

[PR]
by tt1960 | 2007-01-13 11:27 | ・その他
<< 無名桜 阿蘇谷の雲海について >>