iPod

昨日の新聞にiPodについての記事が載っていました。
79年に売り出されたソニーのウォークマンはカセットテープ、MDと記憶媒体を変えながらも、20年余り携帯音楽再生機において不動の地位を確立してきました。ところが、01年にアップル社から発売されたiPodにいとも簡単に取って代わられたのでした。実は我が家にもiPodが3台あります。最初、長男が昨年購入し、その使い勝手の良さが分かった私もつい欲しくなり昨年の暮れに購入、そして次男もつい最近購入した次第。私が購入したiPodは8GBのハードディスク容量があり、2000曲以上の音楽をポケットに入れて持ち歩くことができます。操作も直感的に理解でき、しかも親指一本でOK、とても使いやすい。
ソニーが負けたのは操作性の優劣とかだけではなく、MP3方式のデータ圧縮方式を採用しなかったからだそうです。ソニーはMP3抜きで厳格な著作権管理システムを作り市場を制圧するつもりが、あっけなくアップル社にやられてしまった。完全に市場の動向を読み間違えてしまったのか・・・・
本当はソニーがPodのような製品を先駆けて世に送り出すべきだったのですが、とても残念です。
e0087828_1827111.jpg

5/26撮影
[PR]
by tt1960 | 2007-07-22 18:30 | ・菊池渓谷
<< 地球温暖化1 菊池に光化学スモッグ注意報! >>