<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

菊池渓谷・光芒2

菊池渓谷は人気撮影スポットとして紹介されており、多くのカメラマンが訪れます。圧倒的におじさんが多く、それも私(四十代)と同年代あるいは上の方がほとんどです。ごくまれにに若い女性を見かけますが、ほとんどが写真サークルの撮影でグループで来ています。

朝日が最初に射し込む「広河原」の上流は、光芒撮影の格好のスポットです。何時ものごとく、おじさん達で賑わう中、女学生のグループがカメラを抱えやって来ました。この場所は浅瀬を渡らないとたどり着けない所で、彼女達はスニーカーを脱いで裸足でいるではありませんか。
岩場にはところどころ苔が生えているのでとても危険ですヨ。おじさんたちが履いている長靴を用意してくださいね。私が愛用している長靴は磯釣用のもので滑らないし、むしゃんよかヨ。
e0087828_16344036.jpg
e0087828_16345212.jpg
e0087828_1635083.jpg

[PR]
by tt1960 | 2006-07-30 16:39 | ・菊池渓谷

草千里・夜明け

このところ大雨にはうんざりです。梅雨明けは来週以降に持ち越しになりそうです。地球温暖化の影響でしょうか、ちょっと異常ですね。
e0087828_1774183.jpg

[PR]
by tt1960 | 2006-07-23 17:08 | ・阿蘇

菊池渓谷・光芒1

梅雨明け(後付で遡及の梅雨明け宣言があるかもしれません)を思わせる晴天が続きます。天気予報を睨みながら、2週連続で早朝の菊池渓谷へ出掛けました。
夏場の菊池渓谷の夜明けは、たちこめる靄(もや)に朝日が当たり始めるとドラマチックに展開していきます。靄を透過した光線は幾筋もの光芒を描きます。
マイナスイオンとフィトンチッドを浴びながらその光景を見ていると、寿命が少し延びたような気持ちになります。
e0087828_15544661.jpg
e0087828_15545590.jpg
e0087828_155536.jpg

[PR]
by tt1960 | 2006-07-16 15:55 | ・菊池渓谷

千年の草原・阿蘇ミルクロードより

菊池渓谷から、菊池阿蘇スカイライン(通称阿蘇ミルクロード)を通り阿蘇外輪山へ。
阿蘇北外輪山の頂上を縫うように走る阿蘇ミルクロードは、ドライブコースとしても有名です。
北外輪山にはすばらしい草原が続きますが、この時期が一年のうちでもっとも青々として最高ですね。
阿蘇の草原は、平安の昔から放牧、採草、野焼きなどを通じ維持されてきたと言われています。
e0087828_14454116.jpg
e0087828_14454994.jpg

[PR]
by tt1960 | 2006-07-16 14:47 | ・阿蘇

梅雨の菊池渓谷2

晴れ間が覗いたので、菊池渓谷へ。
撮影に夢中になっていたが、ふと気づくと空は今にも泣きそうに。そのうち雷鳴も聞こえてきて慌てて撤収するも、間もなく猛烈な雨が降ってきました。渓谷入り口の売店に飛び込みなんとかセーフ。
e0087828_15524023.jpg
e0087828_15524971.jpg

[PR]
by tt1960 | 2006-07-09 15:53 | ・菊池渓谷

山鹿の「肥後古代の森」へ蓮の撮影に行きました。
蓮はインドが原産と言われています。日本には中国を経て伝わったとか。
蓮の花はボリュームがあり、被写体としては良いですね。多くの人が蓮を観に来てましたが、平均年齢はかなり高いようです。
e0087828_20301046.jpg

天竺斑蓮(てんじくまだらはす)
e0087828_20302231.jpg

碧台蓮(へきだいれん)
e0087828_20303730.jpg

これは名前が分からなかったです
e0087828_20304472.jpg

金輪蓮(こんりんれん)
[PR]
by tt1960 | 2006-07-08 20:31 | ・花